ひまわり法のホームページ
ひまわり法TOP
ひまわり法logo maruchan-doc blog
会員登録
膝蓋骨骨折について ひまわり法の紹介 臨床成績 基礎実験 手術手技 症例提示 ひまわりの輪

ひまわり法とは

ひまわり

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ひまわり法 XP

膝蓋骨骨折に対する新しい手術の方法です。

姫路市の中西部に位置する製鐵記念広畑病院には、姫路市を含め近隣の地区から多くの救急患者さんが運ばれて来ます。一般的な病院より重傷の患者さんを多く目にするこの病院では膝蓋骨も例外ではありません。バラバラに割れたお皿をなんとかしようとするために先代の部長であった田中和具先生によって「ひまわり法」が編み出されました。

今までの手術の方法はお皿の骨の上から針金を入れて縛って固定するのが一般的でした。しかしバラバラになったお皿は上下方向だけではうまく固定できません。ひまわり法は、丸いお皿のような膝蓋骨の周りからいろんな方向に針金を刺して固定します。さらに針金に穴の開いたブロックがついていて、そこにひものような針金を通して縛り上げることで緩まない様にして骨をしっかりさせます。そのときの様子がヒマワリの花が咲いた様に似ているのでこの名前がつきました。

 今までの方法ではバラバラの骨折は術後しばらく固定したり安静にしたりしてリハビリが遅れていましたが、ひまわり法で手術を行えばほとんどの方は手術の翌日からリハビリができる様になります。結果的に早くもとの生活に戻ったり仕事に復帰できたりします。このように多くの患者様に喜ばれている手術の方法です。

 

 

従来の方法 ひまわり法
骨折型 粉砕例は固定が困難 様々な骨折型に対応
リハビリ開始時期 粉砕例は術後の固定が必要 粉砕例でもすぐにリハビリ開始可能
ピンの刺激症状 比較的多い 少ない
術後の転位 比較的多い 少ない
ピンの本数 少ない 安価 多い 高価
手術技術 比較的安易 やや難易度高い
手術可能な施設 どの施設でも可 基本的手技 導入している施設は限られる

従来の方法でも大きな問題なく治療されてきました。
しかし今までの概念とは違うよりよいオプションがここにあります。
当院では1999年以降10年以上120例をこえる実績があります。
膝蓋骨の粉砕でも、早期社会復帰、元のレベルに回復を目指しています。

製鐵記念広畑病院


 

TOP | 戻る | 次へ

 
Copyright © 2009 A.Maruo All Rights Reserved