ひまわり法のホームページ
ひまわり法TOP
ひまわり法logo maruchan-doc blog
会員登録
膝蓋骨骨折について ひまわり法の紹介 臨床成績 基礎実験 手術手技 症例提示 ひまわりの輪

 

 

膝蓋骨とは

knee cap

1. 膝蓋骨を守る
英語で knee cap 日本語では膝の「皿」と呼ばれ 膝蓋骨を守る「楯」として働きをしています。

2. 膝をのばす(膝伸展機構)
太股の筋肉の力を脛の骨に伝えて膝を伸ばす力を発揮させます。

この様に膝蓋骨はしっかり歩いたり、踏ん張ったりするにはとても大切な役割を果たしています。


 膝蓋骨骨折とは 

膝蓋骨は全骨折の1%と言われています。

膝蓋骨骨折原因
こけて膝を打ったり、膝を何かにぶるけたり、ものが膝に落ちてきたり、太股の筋肉に引っ張られて起こります。

症状
膝蓋骨骨折膝が腫れて歩けなくなります。
押さえると痛みを伴い、折れた骨が触れることもあります。
通常はレントゲン撮影で診断がつきます。
より詳細に調べるにはCTが有用です。
横骨折(単純なふたつ割れ)が多いとされていますが、よく調べてみると細かくくだけていたり、ひびがいろんな方向に入っていたりします。

 

レントゲン所見
一般的には横骨折が多いとされていますが、CTではレントゲンでわからない粉砕骨折がわかることも多いです。
ひまわり法術前レントゲン ひまわり法術前
標準的な治療法

日本骨折治療学会 膝蓋骨骨折
AO foundation patella
patella fracture

 

 
TOP | 次へ

 
Copyright © 2009 A.Maruo All Rights Reserved